長年続いてきた仕事

PC操作

テープ起こしとは、インタビューや会議などの内容を文字にすることで、昔から存在する比較的歴史のあるジャンルの仕事です。年齢や性別を問わずに、また、自宅でも携われる仕事のため在宅ワークとしても人気が高く、長年従事している方もいます。国語が得意教科だった、という方が多いと言われていますが、テープ起こしは聞き取る力が求められますので、集中して言葉を聞くスキルも必要となります。なお、テープ起こしと言っても昔はテープレコーダーを使用して録音されていたからであって、現代ではICレコーダーなどの機器を使用してデータ化し、パソコンに取り込むという方法が主流です。そのため、仕事を依頼する方はネット環境が整っていることが必須となります。

急ぐかどうかで依頼する人を選ぶ

男性

なお、テープ起こしの報酬は内容や長さによって異なり、直接依頼をするか下請けを通すかでも単価は違ってきます。また、テープ起こしは内容が豊富で専門用語が使われることもあるため、色々なジャンルの分野に精通している方や、ベテランの方に依頼をする方が正確率は上がります。例えば、日本語には同じ聞こえ方でも異なる単語も多いので、聞き取りながらどの単語が正しいのか、「え~。」などの無駄な言葉は無いかなどの判断を瞬時にできる方に依頼することが望ましいでしょう。そして、テープ起こしにかかる日数は初心者では1時間の内容を1週間、ベテランの方では1時間の内容を1日で納品できるという、時間の違いもありますので、依頼をするときは単価を元に時間や日数を考慮することも大切です。ちなみに、依頼は専門会社やクラウドソーシングの会社に登録する、などをしてテープ起こしの仕事に繋げてもらいます。

スキルに合わせて依頼をする

PC操作

テープ起こしとは、会議などの内容を聞いて文字に変換する作業のことです。語彙力や聞き取るスキルが求められる仕事ですが、年齢や性別、未経験でも携われるため人気の高い在宅ワークでもあります。一つの仕事に対する単価は時間や内容などで異なり、テープ起こしをする方によってはかかる時間もそれぞれです。ですので、テープ起こしの依頼をする時は、案件が急ぐものかそうでないものかによって、選別する必要があります。初心者では1時間の内容をテープ起こしする場合、1週間かかることも一般的ですが、ベテランの方では同じ仕事内容でも1日で終わることもあり、言葉選びも正確率が高いため、納品を急ぐ場合はベテランの方に依頼をするなどの選択が大切です。

広告募集中